スポーツリハビリテーション研究室

室長 甲斐 悟
 

スポーツリハビリテーション研究室では、大学の近辺に住む住民を対象として、
以下のようなことに取り組んでいます。

  • 太極拳を取り入れた体操の教室を定期的に開催しています。
  • ノルディックウォーキングの教室を開催しています。
  • 妊産婦の健康増進にかかわる研究を行っています。
  • 今後は、スポーツで傷害をおった選手の競技復帰を支援し、その取り組みを科学的に検討したいと考えています。

高齢者と大学生が一緒になって行う体操の風景

 体操教室に参加される地域のお年寄りと実際の触れ合いを通して、保健医療学部の学生はコミュニケーション能力を養います。保健医療福祉分野で活躍できる“あたたかい心”を育みます。


運動教室の効果判定 教員指導の下に大学生が測定を補助します

 運動の効果判定のための測定を教員指導の下に大学生が補助し、運動の効果を科学的に分析します。写真は教員が指導を行いながら、血管の年齢を調べる測定を行っている風景です。