4年次の臨床実習Ⅲに向けて、実習指導者会議を開催しました!(作業療法学専攻)

2016年02月24日(水)
平成28年2月20日(土)、実習指導者会議を開催いたしました。
臨床実習Ⅲは病院等で患者さんを評価し、治療をすすめていくという最終段階の重要な実習です。9週間という長い期間にわたり、実習指導者(スーパーバイザー)から直接指導をいただきます。
この会議はより良い臨床実習、円滑な実習を行うための重要なイベントです。
 
教員と実習指導者との自己紹介の後、個人情報や学生の学習状況などを説明させていただきました。

教員と実習指導者との自己紹介の後、個人情報や学生の学習状況などを説明させていただきました。
説明
作業療法専攻3年生が挨拶を行いました。学生の意気込みや緊張感が伝わってきました。
挨拶


最後は、学生と実習指導者の情報交換会です。実習指導者の言葉を聞き漏らさないよう真剣な表情でした。

面談(1)
面談(2)

面談(3)


臨床実習Ⅲは4月から始まります。教員も全力でサポートしていきます。